フリーターの就職ポイント

フリーターから就職を目指す際、どのよな事がポイントになってくるのでしょうか。

新卒や第二新卒、中途からの就活方法と異なってくるので現在、フリーターから就職を目指している方はポイントになる事をしっかり把握してから就活をスタートさせましょう。

特にフリーター歴が長い人や社会人経験がないフリーターの方はしっかりポイントになる事を押さえてほしいと思います。

まずは就活全体の流れを把握する

就活経験がないとどのように就活を進めていいのかわからないという人も多いと思います。

手探りで就活を進めてしまうと効率が悪くなってしまばかりですので事前に就活の流れを把握しておくことが必要です。

1.就活の準備

まず就活の準備として行なってほしい事は情報収集です。

自分の性格・人間性やこれまでの経験、やりたい事、興味がある事、将来の夢などを整理して、自分が就職したい職種・業界の情報を収集しましょう。

しっかり自己分析をする事で自分に合った仕事が見つかる可能性は高くなるので準備を怠らないようにしましょう。

2.応募先を決める

情報収集をしっかり行った後は実際に求人探しを行い自分が就職したい企業を見つけます。

職種はもちろんの事、収入面や条件・待遇などもしっかり考慮して自分が希望する条件に見合った企業を選ぶことが大事です。

企業選びをしている時、自己分析と同様に企業研究をしっかり行いましょう。

求人に掲載されている情報だけでその企業の事を判断しないで、ホームページやSNSをチェックするなどしてその企業の情報をしっかり収集しましょう。

そうする事で企業の内部情報を知る事もでき、就業後のミスマッチを防ぐ事ができますよ。

3.応募書類の作成、書類成功

応募する求人が決まったら応募書類の作成にとりかかります。

履歴書や職務経歴書を作成する事になるのですが、志望動機や自己PRはとても大事なものになります。

志望動機と自己PRを採用・不採用の判断材料にしている企業は非常に多いんですね。

また、履歴書や職務経歴書であなたの人間性や性格も見極められてしまうので応募書類は慎重に作成するようにしましょう。

志望動機や自己PRで自分の事をしっかりアピールできれば企業に興味を持ってもらえる確率は高く、書類選考を突破できる可能性が出てきます。

そのためには積極的に自分の事をアピールしていきましょう。

4.面接

書類選考を通過できればいよいよ最後の難関でもある面接です。

面接で採用か不採用が決まるので万全な状態で挑む事が大事です。

身だしなみや服装、礼儀作法、言葉遣い、話し方はもちろん事、どんな質問がきてもすぐに答えられるように準備をしておく事や面接官に好印象を与えるにはどんな事が大切になるのかを把握しておくことも大事です。

特に服装や身だしなみ、礼儀作法、言葉遣い、話し方であなたの第一印象は大きく左右されてしまうのでしっかりと対策を行った上で面接に挑みましょう。

5.採用

面接をうまくクリアする事ができれば内定をもらう事ができ、その企業に晴れて就職する事ができます。

ただ、ここで安心してはいけません。フリーターの方の場合はここからが社会人としてのスタートです。いっそう気を引き締めなければいけません。

フリーターからでも就職しやすい求人ってあるの?

フリーターから就職を目指す場合、ポイントのひとつとして挙げたい事は未経験者を歓迎している求人をメインに探すということです。

特に社会人経験がない方やフリーター歴が長い方は未経験求人を中心に探した方が就職できる可能性は高いですね。

その理由は、未経験求人の多くがこれまでの経歴よりも人間性が重視される傾向にあるからです。

たとえ、経歴なしのフリーターでも企業が求める人物像とマッチングすれば採用をもらえる可能性は十分にあるんですね。

29歳 社会人未経験からの就職でも未経験者を歓迎している求人を中心に探して採用をもらったという話も聞く事ができます。

求人サイトの未経験求人を見てみると、

・営業
・サービス業
・介護業界
・IT業界
・一般事務

などの職種の求人を見つける事ができますね。

これらの職種は先ほどご紹介したように人間性が重視される傾向にあり、企業が適性だと判断すれば採用をもらえる可能性はあります。